スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【おまえら感涙】 NHK「2ちゃんねるの反応は雑音ばかりではない!番組制作に役立つ」と評価 

インターネットへの進出が目立っているNHKが、
今度は巨大ネット掲示板「2ちゃんねる」など、
インターネット上のコメント(書き込み)の分析・研究を進めている。
番組が「どの時間に盛り上がっているのか」
「どういった内容が話題になっているのか」を探り、番組制作に役立てる。

「2ちゃんねる」などの書き込み8000件で実験

こうした分析を可能にするのが、「情報還流システム」。
NHK放送技術研究所が2009年5月24日まで開催していた
「技研公開2009」の中で、研究段階の試みのひとつとして展示された。
NHKが番組を放送し、視聴者がネット上にコメントを書き込む。
そのコメントをNHKが解析し、解析結果を番組制作に役立てたり、
さらにはその情報を基に感想を共有するコミュニティのような、
視聴者参加型のサービスを形成したりするため開発されているシステムだ。

ネットには雑多なコメントがあふれている。それをどのように解析するのか。
研究は、NHKの大河ドラマ「天地人」
への「2ちゃんねる」を中心としたコメントデータ8000件を使用した。

まず、「何について」のコメントなのかを自動で分析する。
例えば、「謙信もいよいよ出陣か」とあれば、「謙信」への
コメントと確定し、前後の「出陣キター」など、
同じ要素が入ったコメントの主語も「謙信」と推定していく。
同様に、番組の「字幕データ」とも照合する。「謙信」の
「そこに義がないのなら」のセリフがあり、その前後の時間に
「義がないときも戦したほうが良くね?」というコメントがあれば、
「謙信」へのコメントと推定し、「義」「戦」と、同じ要素
が入ったコメントの主語も「謙信」と推定していく。
ネットの反応は「雑音ばかりではない」

次に、抽出された番組内容へのコメントについて、
「どのような反応」なのかを分析する。コメントの感情表現を
「肯定」「悲嘆」「軽蔑」「驚愕」「否定」「突込」の6パターンに分類している。
「ネット用語」や顔文字などの独特の表現
についても、「キター」は「肯定」、「ガクガク」は「驚愕」、
「○○かよww」は「突込」など、様々な表現を分類し、
どのようなシーンでどんな反応があるのかを解析できるようにしている。

こうして解析したコメントを集計し、
番組が「どの時間に盛り上がっているのか」
「どういった内容がどのように話題になっているのか」を見えやすくし、
番組制作に役立てる。将来的には視聴者への
番組推薦サービスも検討しているという。


また、NHKは最近、一部の番組をネット配信する「NHKオンデマンド」(08年12月開始)、番組と連動した動画サイト
「NHK特ダネ投稿DO画」(09年3月開設)や、大手動画サイト「ニコニコ動画」に「NHKちゃんねる」を開設(09年4月)する
など、ネットへの進出が目立っている。

「スリー・スクリーンズ」、つまりテレビ、ネット、携帯電話の「コンテンツを視聴する3つの画面」に対してサービスを展開
していこうという方針が出ており、前出の担当者は、
「テレビ以外の様々なツールでNHKに触れることができるよう、
研究やサービスを積極的に進めていきます」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/4170220/

「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」も
たしか2chでいろいろ変わってきてるんだよね
今度書くけど少し触れる
まいん1
これが














まいん2

まいん3

まいん4
このメガネ・・・分かってやってやがる・・・
スポンサーサイト
[ 2009/05/28 20:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurisutyi.blog17.fc2.com/tb.php/464-455eec9b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。